MENU

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

ここでは男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いについて、お話していきたいと思います。育毛剤が男女で別々に作られているのは、そもそも男性と女性とでは、脱毛のメカニズムが違うからです。男性型の脱毛では額の生え際や頭頂部等が、局所的に薄毛になることが多いのですが、女性の場合は頭髪全体が薄毛になることが多いと言われています。男性型の脱毛は遺伝や男性ホルモンの影響、女性型の脱毛は、加齢に伴う女性ホルモンの減少・生理・出産・更年期・牽引性のヘアスタイル・無理なダイエット・貧血等が原因になりやすいと言われています。ちなみに男女共通で考えられる外的原因には、食生活や生活習慣の乱れ、飲酒・喫煙・パーマやカラーリングの繰り返し・ストレス等があります。

 

しかし外的要因を別にしますと、脱毛の原因の違いに比例して、男女の育毛剤の内容成分は異なりますので、一部に男女兼用で使えるものもなくはありませんが、基本的には男性も女性も、異性向けの育毛剤を使うべきではありません。先程もお話した通り、女性型の脱毛は女性ホルモンのバランスの乱れと栄養不足によることが多く、生理・妊娠・出産・閉経・更年期・加齢のいずれにも関わってきますので、育毛剤には栄養成分・保湿成分・イソフラボン等の、女性ホルモンに似た成分・育毛と頭皮ケアの成分・血行促進成分・美容成分等が含まれた、低刺激のマイルドなものが主流となっています。

 

一方男性用の育毛剤は、皮脂分解・抗菌・清涼剤・男性ホルモン抑制・血行促進剤の各成分が主流であり、男性型の脱毛が男性ホルモンの作用により、皮脂分泌が多めで、フケや痒みの症状がおおくなりやすいことに対応した配合になっています。清涼剤成分が入っているものが多いことから、少し刺激のあるさっぱりしたものが主流です。女性用の育毛剤は貧血の症状にも対応した(貧血による脱毛・乾燥・炎症・髪のパサつき・フケを防ぐ)、栄養補給といった実用性だけでなく、いい香りや潤い感のあるものも好まれています。男性用育毛剤の男性ホルモンを抑制する成分としては、血行を改善し頭皮の栄養状態が向上するセンブリエキスと、オウゴンエキスが含まれていればベストです。

 

なお女性ホルモンに似た働きをするヒオウギエキス等の生薬を用いた育毛剤ですと、男女問わず育毛効果が期待出来る育毛剤である場合もありますので、製品の注意書きをよく読んで、自分に適した育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

イチオシ女性用育毛剤ランキング

* ページ中ほどまでスクロールしてください。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!