MENU

育毛剤に副作用はある?

育毛剤を試してみたいと思っても、副作用があるのか心配という人も多いかと思います。 実際、育毛剤に副作用はあるのでしょうか?

副作用が出るかは…

  • その育毛剤の成分にもよる
  • 使用者の体質などによる個人差も大きい

 

一般的には、医薬品として効果が認められている成分は、副作用も強い傾向にあります。
育毛効果のある医薬品として代表的なのはミノキシジルとフィナステリドの2種類です。

この2種類の成分の副作用
  • ミノキシジルは血圧の低下
  • フィナステリドは性欲減退や肝機能障害

と、言われています。 これらの成分は薄毛に効果的ではあります。 しかし、必ずしも使用者全員に効果が出るわけではありませんし、副作用の危険もあることに注意しなければなりません。

 

その他の育毛剤でも、頭皮のかゆみや荒れなどの副作用の可能性はあります。 どの製品でも体質に合わない可能性はありますが、少しでもリスクを減らすには、刺激となる成分が少ないものを選ぶようにしましょう。
合成香料や着色料、石油系界面活性剤など、頭皮への刺激となる添加物が含まれていない育毛剤を使うことで、このような副作用のリスクを減らすことができます。
マイナチュレ、ベルタ育毛剤といった「無添加」で作られた育毛剤はおすすめです。 こうした、無添加の育毛剤であれば、敏感肌、乾燥肌といった肌質の人でも使える可能性も高く、頭皮に優しく安心です。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!